子供の魚アレルギー【まちゃんちのアレルギー事情】

こそだて

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

魚にもたくさんの種類があります。魚アレルギーといわれても、全部食べてはいけないのか、青魚・赤身・白身とあるが食べれるものはあるのか、調理法によってアレルギーの症状は変わるのか?など。

正直、魚アレルギーなんて知らなかったので、子供が魚アレルギーとわかった時はどうすればいいのか戸惑った覚えがあります。

今回はまちゃんちの次男が魚アレルギーと診断された時のこと、実際に魚アレルギーとどうやって付き合っているのかをお話しします。

魚アレルギーとは

魚アレルギーを起こす原因となるアレルゲンは、パルブアルブミンとコラーゲン。

パルブアルブミンは水溶性のタンパク質で、熱に強いため調理工程で加熱をしてもアレルギー症状を引き起こします。パルブアルブミンは魚によっても違いがあり、そのため食べれる魚もあれば食べられない魚もあります。

また水溶性ということもあって溶け出す性質があり、高圧高温処理するとアレルゲン性が低下することが知られています。そのため、魚肉製品や缶詰などはアレルギーが出づらいことがわかっています。加えて鰹節などや干物なども食べられることが多いです。

コラーゲンは不溶性のため水に溶け出す性質はありませんが、加熱によって水溶性となることが知られています。魚肉製品でもアレルギー症状が出ることがあります。

魚アレルギーに似ているものでは、アニサキスアレルギー、ヒスタミン中毒があります。

アニサキスアレルギーのアニサキスは寄生虫の一種として知られていますが、アニサキスのタンパク質に対してアレルギー反応が起こると言われています。

ヒスタミン中毒はアミノ酸のヒスチジンを多く含む魚に多いとされ、鮮度が落ちるとヒスチジンがヒスタミンに変わり、アレルギーに似た症状がでることが知られています。加熱調理してもアレルゲン性は低下しないと言われています。

子供の魚アレルギーが判明

まちゃんちの次男は1歳を過ぎてから大豆アレルギーが判明し病院で血液検査を行いました。その時に魚アレルギーが判明し、鮭とマグロの数値が高いことがわかりました。その時は鮭とマグロだけ気を付けていればいいのね、と短絡的な考えでした……。

アレルギーの血液検査ではすべての食物に対しての検査をするわけではなく、病院によって検査する項目が決まっています。次男が検査してもらったのは”36項目”なので、その時診断されたのは鮭とマグロ。だけど、実際に食事を摂る中でアレルギー症状のでる魚が徐々に判明していく……そんな感じでした。

魚アレルギーと診断された時は鮭とマグロに注意すればいいと思い、ツナも使わなくなりました。でも他の魚は大丈夫なんだよね?と疑問にも思わず……。離乳食の進め方などの育児本にもあるように、離乳中期にもなればしらす・タラ・ツナ・鮭は与えましたし、離乳完了期にはサバやホッケなども食べさせた記憶があります。

今考えてみると、与えていた量は少量だった。少量だったからアレルギー症状もわからないまま。でも口の周りが荒れてしまうことが多かったので、魚を食べたアレルギーの影響が少なからずあったのではないか?と今となっては思います。

魚アレルギーは1つダメだとわかれば、他の魚がダメな可能性もある。そう知ったのは、ホッケを美味しそうに食べた次男が、じきに喉の違和感を訴え嘔吐したことによるアレルギー症状からでした。血液検査では鮭とマグロだったけど……、小児科で尋ねてみるとパルブアルブミンでアレルギーを引き起こしているかもしれないから、魚全般にアレルギー症状が出るかもしれない、ということでした。

知らなかった……。

そこからは魚アレルギーを勉強し、どんな魚が大丈夫でどんな魚がダメなのか。魚はダメでも魚肉練り物製品は大丈夫なのか、出汁や甲殻類もダメなのか?また食べてアレルギー症状が出ても可哀想、でも長男は魚料理好きだし……試行錯誤でした。

魚全般食べちゃダメなの?

小児科でお話を伺ったとき、食べられれば食べていいし、食べれなければやめておく、それでいいと言われました。それから、魚料理を食べる時は病院の診察時間中に食べるようにすれば安心ということ。そのため食事の中から魚を除去する必要はありませんでした。

まだ1歳、2歳の頃は元々食べる量が少なかったので、あえて魚を食べなくても他に食べられるものを食べていればいいか!と思っていました。

食生活の中で魚そのものは避けて、魚系の出汁や魚肉製品のちくわやはんぺんなどは食べられることがわかったので、様子を見ながら範囲を広げていくようにしました。

次男が6歳の時にアレルギー科の小児科でお話を伺ったときに言われましたが、練り物や出汁は除去しなくても大丈夫。鮭フレークやツナなどの缶詰もアレルギーは出にくい。魚でアレルギーがでるかどうかは魚そのものを食べて判断する。血液検査の数値と食べられるかどうかは別。数値での判断はしない。ということでした。

魚アレルギーはパルブアルブミンとコラーゲンがアレルゲンだとお話ししましたが、パルブアルブミンは魚の種類によっても含有量が異なるようで、部位によっても違うといわれています。

また水溶性のタンパク質なため、水にさらすことや煮ることで溶け出す性質があり、魚を加工する魚肉製品は水さらしという工程があることでアレルゲン性が低下します。また缶詰などは高圧下で高温で調理されるためアレルゲン性が低下します。

魚アレルギーといっても魚全般がダメなわけじゃないんだ?魚だとしても処理工程で食べられるようになるものもあるんだ!色々と勉強になりました。

魚解除

そうして成長していくごとに少しずつ魚を食べる機会を増やしていきます。しらすは次男も好きなので、少量から様子を見て食べるようにしました。でもこれはその時の体調なのか、しらすに関しては未だにアレルギー症状が出る時と出ない時があります。ですが保育園や学校で提供される量は問題なく食べられるということがわかり、家庭でもしらすに関しては見張らず食べています。

年齢と共に消化器官も丈夫になりアレルギー症状も軽くなっていくと病院でも聞いたので、魚そのものの料理も挑戦するようになります。特に保育園では魚そのものの料理は完全除去だったので、小学校に入学するまでに解除できるなら……と、提供される量を参考に家で食べる機会を増やしました。

するとある時、鮭が問題なく食べられたんです。あれ?アレルギー症状でなくなったのかな?と。鮭が大丈夫なら他の魚も大丈夫かもしれない。でもこの時、まちゃんは知らなかったのです……鮭の切り身を食べるのと鮭フレークのような加工品を食べるのではアレルギー症状のでかたが異なることを……!なので、食べたのが鮭フレークだったから大丈夫だった……とあとで知って猛省しました。

それから次男の場合、5歳の時に鮭の切り身を少し食べて大丈夫だった時と、同じように食べて嘔吐したことがあります。これは多分食べた量の問題だったのかと思います。アレルギーって難しい……。

それでも乳幼児期に比べたら食べられるようになってる……!でもアレルギーがなくなったわけではありません。

結局、しらすとツナに関しては保育園の給食で除去していたものを途中解除。魚そのものはアレルギーが出たり出なかったりなため、除去のまま小学校へ入学することになりました。

今はどうしているのか?

小学校の給食で除去してもらうにはいくつかの手続きをしますが、次男の場合は血液検査でも陽性であり、食べることで明らかな症状がでるということで、除去は確定。そのため学校で魚料理が提供されるときは、家庭から代替食を持参しています。

ですが、家庭では除去する必要はありません。なので食べられるものは食べて、ダメならやめておく。本人も魚はアレルギーがでるという自覚があるので、家庭で魚料理を食卓にだすときは「これは魚だよ」と声をかけています。食べたいと思ったら食べるし、途中で症状が出たら食べるのをやめるようにしています。

昔は嘔吐したホッケも今は食べられるし、タラ・アジ・サワラ・サバも大丈夫。しらすと鮭はその時々で良かったりダメだったり……。

少しずつ色んな魚に触れるようにしていますが、魚アレルギーはなくならないまま大人になる可能性もあると病院で話を伺ったので、これからも引き続き様子を見ていきます。

まとめ

魚アレルギーには、パルブアルブミン・コラーゲンに反応します。魚アレルギーに似ているのはアニサキスアレルギー、ヒスタミン中毒があります。パルブアルブミンは水溶性で調理工程でアレルゲンが低下するものもあり、コラーゲンは不溶性ですが加熱調理で水溶性になります。

魚でしか味わえない料理もありますし、魚だからこそ美味しい料理もあります。幸い魚の他にも食べられるものは溢れていまし、魚を食べなくても他の食べ物から栄養を補うこともできます。そして魚アレルギーと診断されても、食べられるものもあるかもしれません。今も我が家は次男の体調を見ながら探り探りですが、アレルギー症状が出ずに魚料理を美味しそうに食べていると安心します。

安心・安全に自分の体に合った食事をすること、その中でうまくアレルギーとも付き合っていけたらいいのではないでしょうか。

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました