オンライン診療で診察してもらいました【キッズドクター】

こそだて

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

子どもの体調不良、一年のうちに何度もありますよね。その度に病院に行こうか、家で様子を見ても大丈夫か、迷いませんか。

お家にいてお医者さんの診察が受けられる”オンライン診療”。広告などでは見たことあるけど、どうやって利用するんだろう?

今回は実際に、まちゃんちの長女がオンライン診療ができる「キッズドクター」を初めて利用した時のことをお話しします。

オンライン診療を使った経緯

まちゃんちは田舎暮らしなこともあり、小児科が近所に一つしかありません。そこへ行けば受診できて完結……ではありますが、コロナ禍を通して近所の小児科とは色々あり、行くのをやめました汗。

次にかかりつけ医にした小児科は廃業……。そして現在のかかりつけ医は車で50分。遠い……。近所を避けるならそのくらい車で時間をかけないと、小児科がないのです……。

オンライン診療を使ったのは、風邪症状はあるけれどどうしても受診しなきゃいけない様子ではない。でも保育園に通っているし登園目安をきけたら安心……。上の子の迎えもあるし通院すると時間的な心配が……。

そうして思案した結果、オンライン診療を受けることにしました。

オンライン診療【キッズドクター】

いざ使ってみようとすると、オンライン診療にもいくつかあり……。使い方や診察までの流れ、口コミなど色々と調べました。どのくらい待ち時間があるだろう?とか、自分たちが住んでいる地域からもオンライン診療が受けられるのか?とか。

24時間対応とか全国エリアに対応とか書かれているけど、本当に表記されているイメージで診察してもらえるのか?だからと言って、病院に行こうかどうかは迷うところで…。

最終的にリサーチしまくった結果、診察してもらうのは子供なので、評価が良いと感じた「キッズドクター」にしました。

いざアプリをダウンロード

診察申し込みをする前に、一通りアプリに目を通しました。まず受診する子供の情報を登録。クレジット情報や薬局情報を登録しました。

何度も、診察受付してから診察までの流れや、支払方法などをチェック。診療費はどうなるのか?還付と記載されているけど無事にできるのか?色々心配が出てきてしまって……。

かと言って周りにオンライン診療受けたことがある人もいない。とりあえず、やってみるしかない!!

診察申込をしてから処方箋が出るまでの経過

どんな様子で診察申し込みから診察後まですすんでいったか、長女のオンライン診療の流れをご紹介します。

診察依頼

診察申し込みをする際に、住所や子供の保険証の撮影をしアップロード、受診する人の体重や体温、それからかかりつけ医も記入しました。

受診するまでの状態や症状も記入。今回の長女の場合は、「発熱から微熱になり、左耳痛を訴えたが現在は消失。鼻水・鼻詰まりの症状がある」といった内容。

これらの内容を記入し終えると、初診だったからなのかカルテ作成中となり、その後診察待ちになりました。

申し込みしてから診察待ちに切り替わるまでは、約10分程度でした。すごく待つのかな?と思いましたが、普段病院にかかるのと同じ感覚。

「順番待ち 〇番目」と表示されていてわかりやすかったです。

この待ち時間の間に、オペレーターからチャットで連絡があります。心配なことなどはチャットに入力すると対応してもらえるようです。

ビデオ通話で診察!

診察の順番がまわってくると、チャットにお知らせが入ります。アプリから通知がくるので、子供の相手をしながら待っていることができて、子供も家にいるのでリラックスして診察を迎えることができました。

画面にお医者様の顔が映され、診察開始です。私たちもインカメラで映っていて、ビデオ電話している状態での診察です。

事前に症状などの情報を入力してあったので、読み上げて確認してくださいました。耳の痛みがないか?触ってみてと言われ、カメラに映る位置で触りました。

一通り診察が終わって、登園目安もお聞きし、ざっと10分程度……もしかしたらもう少し早かったかもしれません……!そうして診察終了。

正直、マジで楽……。

もちろんすぐ病院にかかった方がいい状態の時や、オンライン診療ではなく対面で診察してもらえた方が安心な時は、受診する方がいいと思います。場合によってはオンライン診療はすごく便利……!お医者様ありがとうございます!

処方箋の受け取り

診察が終了して、病院だったら診察室を出てから子供をあやしながら、待合室で精算や処方箋が出るまで待つわけですが、それがない。

どうすればいいんだろう?と変な放心状態になりました……笑。

アプリには「診察後のご案内をお待ちください」と表示され、少ししてオペレーターから処方箋のお知らせが入りました。薬を受け取る薬局への手配が終わると、再びチャットにお知らせが入ります。

処方箋は診療日含め4日以内の有効期限。処方の案内が最後で、アプリでも「完了」と表示されました。

オンライン診療でかかった医療費

診察には健康保険証と子ども医療費助成が適用されます。

子ども医療費助成は自治体によって負担額は異なりますが、まちゃんちは長野県に住んでいて1カ月で1レセプト500円上限となっている地域。

そして今回利用したオンライン診療の提供クリニックは東京都なため、医療費助成が適用される前の診察料を一時的に支払い、後日還付申請をする必要があります。

アプリで精算金額が確定すると、子ども医療費助成が適用される前の精算額が表示されました。今回かかった医療費は1,550円。

そしてキッズドクターでは支払方法がクレジットカードのみなので、登録したクレジットカードに請求がきます。

還付手続き

医療費が確定するとアプリから通知がきて、金額確定のお知らせと領収書が添付されたメールも届きました。

調べてみたところ住んでいる地域での還付申請は、領収書を印刷したものと必要書類をあわせて支所に持っていけば還付手続きできそう。

メールには「〇〇市 子ども医療費 県外」でWeb検索すると手続き方法が見つかると書かれていたので、念のため確認しました。

すると住んでいる地域のホームページ上で、申請書を印刷することができました。ありがたい!健康保険証と子どもの福祉医療受給者証を手元に用意し、記入。

メールに添付されていた領収書をカラー印刷して、記入した申請書と一緒に自治体に届け出れば、手続きは完了です。

後日、払い戻しされて医療費助成分が振り込まれます。

利用してみた感想

子供が恐怖心なく、待ち時間も普段通り家で過ごすことができたのは楽でした。病院行くと診察室に入った途端に強張り泣くのが子供…ケロっとしてる時もあるけど、コンディションの問題か?

お医者様もとても丁寧に話してくださり、こちらの質問にも親身に答えてくれました。診察してもらってホッとしたところで、「なにかお手伝いできることはありますか?」と声をかけてくださり、ありがたかったです。

受診する前に情報を登録しておくと楽です!

全てスマホで完結したので、あたふたすることはなかったですが、いざ受診しよう!となった時に情報を入力し始めると少し手間がかかるので……余裕のある時に子供の情報や、処方箋を出して欲しい薬局を登録しておくと楽です。

薬局は何件かリサーチしておくと良い

長女が診察してもらった時は何の問題もなくスムーズにすべて終わりました。

それから少し経って長男もオンライン診療で診察してもらったのですが、その時は処方されたお薬が最寄りの薬局で取り扱っていませんでした。他にも行かれそうな薬局を掲示してみましたが、3件とも取り扱っておらず……最終的にお薬を変更してくださり、掲示した薬局の中から取り扱っている所に手配してもらいました。

処方箋を受け取る薬局は1件ですが、指定する薬局についてはアプリからいつでもお気に入り登録できるので、何件か登録しておくと安心です。

アプリがあるとなんか安心……!

今回、オンライン診療を実際に使ってみて、場所や時間を問わず利用できるのは便利でした。直接身体を見て触れての診察があるわけではないですが、とても丁寧に診察していただいたと感じました。

子供を毎日見ていて、これは病院にかかって診察してもらったほうが良さそう……という時は迷わず受診。判断がつかない場合もあるので、安心に超したことはないですよね。

長女の場合は平日の午前中に利用しましたが、キッズドクターは夜間に利用できる時間帯もあるので、緊急で受診したほうがいいかどうか悩んだ時、お医者様とお話しできるのはとてもありがたいです。

土日や連休になる時など、かかりつけ医が診察時間外になる時にも診察申し込みできるのも心強い!

ドキドキしながら使ってみましたが、アプリを入れておくと安心だなぁと一度使った今なら思います。利用してみる前は、ん~どうなんだろう?よくわかんないしなぁ…とひたすらに!頑なに!アプリを眺めるだけでした汗。

まだ利用したことのない方や、使ってみたいと考えている方の参考になればうれしいです。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました