子供の食物アレルギー【まちゃんちのアレルギー事情】

こそだて

アレルギーをもっている人は、いまでは3人に1人と言われている時代。5大アレルゲンなんて言葉もよく耳にしますが、食物アレルギーは多岐にわたります。

私が子供の頃はアレルギーとかって意外に認知されていなかった気がしますが、今はアレルギーをもっていない人の方が珍しい!ということですね。

我が家も親子共々アレルギー持ちです^^;そんな、まちゃん家のアレルギー事情を今回はお話しします。

食物アレルギーとは

人間は体の中に細菌やウイルスなどが入り込むと、体外に出そうとします。熱が出たり、咳や鼻水、そういった反応を起こすのが免疫です。免疫とは病気から免れるために、体を守る仕組みのことをいいます。つまり体に害のあるものを排除しようとするのが免疫。

食物アレルギーはこの免疫の機能が特定の食べ物に対して「害があるぞー!排除だー!」と反応し、身体に症状を引き起こします。

ただ食物アレルギーといっても、口から体内に入ったことで症状が出るということに限定されません。吸い込んだり、皮膚に触れたり、注射から体内に入った時もアレルギー反応が起こります。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状は皮膚症状(湿疹、痒み、蕁麻疹など)が多いとされていますが、他にも呼吸器症状(息苦しさ、咳など)や、消化器症状(腹痛、嘔吐、下痢など)、目・鼻・口内などの粘膜に症状がでる場合もあります。

またアレルギー反応でも、複数の症状が全身に出現した状態をアナフィラキシーといい、生命の危険にかかわるので注意しなければいけません。アナフィラキシーの症状は短時間で進行するため、適切な対応が必要です。

まちゃんちのアレルギー事情

血液検査でアレルギー反応のあるものは、他にもそれぞれが様々な項目で当てはまっていますが、ここでは今でも明らかな症状が出るものについて記載しています。

パパ スギ ハウスダスト 卵(オボムコイド) イカ 

ママ スギ? カモガヤ 猫

長男 スギ ハウスダスト 

次男 スギ ハウスダスト 魚(パルブアルブミン)

長女 離乳食開始~1歳過ぎまで乳製品に反応したことアリ。今のところ目立った症状なく検査経験なし

アレルギーは遺伝もあるって聞くけれど…実際にパパの親も、私の親も何かしらのアレルギーをもっていて、私たち自身もアレルギーがあって、そして子供もアレルギーがあるので、遺伝も納得です。

ただ同じものにアレルギーがでるかというと、そうではなくて。

我が家の場合だと、次男が特にアレルギー症状の出るものが多いです。今ではスギなどの季節性アレルギーと、食べ物は魚のみですが…離乳食が始まって1~2か月ほどでアレルギー反応が出て、当時は”卵・大豆・小麦粉・魚”が特に反応していました。

月齢があがるごとに食べられるものは増えていき、今では魚も調理方法や種類によっては問題なく食べられるようになりました。ですが、実際アレルギーだと分かって対策していくことに、当時は相当躍起になっていました。

本人の症状や感じている不快感などは親の私には理解に欠けるかもしれませんが、側で見ていた経験や、気を付けていたことなどを振り返っていきたいと思います。

次男。離乳食スタートから間もなくアレルギー反応

長男の時はアレルギー反応があったのは魚卵。3歳頃でしたが、食べてすぐに皮膚症状(赤み、湿疹)が出て、喉に違和感がでた様子で咳をしたり、喉元を手でしきりに触れたりしていました。アレルギー反応自体が初めてだったので、病院に電話し尋ねると「様子を見てください」とのことでした。幸い数時間で症状は落ち着き、成長と共に魚卵も食べられるようになりました。

次男の時は油断していたと言ったら確かにそうです^^;でもまさかそんなにアレルギー反応を示す食品があるとは思ってもおらず…知った当初はかなり戸惑いました。アレルギーやアナフィラキシーといったら”卵・小麦粉・乳製品・そば・ピーナッツ”というイメージがあり、そこまでアレルギーに関して詳しくもなかったんですね。

次男が一番初めにアレルギー反応が出た食べ物は「大豆製品」でした。離乳食の進め方の本にもよく出てくる、きぬ豆腐。元々皮膚も丈夫な子ではなかったので、たまたま食べ物が刺激になって口の周りが赤くなったのかな?ということを何度か繰り返します。

あまりに肌が赤くなったり、炎症がでるので病院に行きましたが、その時はアレルギーの確証もなかったので「唾液や離乳食が刺激になっているのでしょう」というような話で。ワセリンで保護してから食事を与えたり、炎症がひどい場合は薬を塗るようにとの指示でした。

当時はまだ授乳もしていました。母乳からのアレルゲン移行はあまりないと聞くけど、強い症状が出る子はアレルギー反応もあり得るといった程度の知識しかなく…。それでも、次男がもしかしたら母乳からのアレルゲン移行で大豆にアレルギー起こしてるかも…と自分の食事内容にも注意するようになっていきます。

でも大豆だと確信はない。育児本にもすごい出てくるじゃん、だって豆だぞ?(まだ半信半疑…)たて

離乳食もすすんできた頃、豆腐の味噌汁で皮膚に赤みが出てる…?よく考えてみたら豆腐だけじゃなくて、味噌も大豆!え、やっぱり大豆がダメっぽいかも…?(どんだけ半信半疑…)え

そして1歳前頃だったと思いますが、偶然いただいた「納豆巻き」。ひきわりで小さめだったこともありちょこっとなら…と、次男は美味しそうに食べました。そしたら!!口の周り真っ赤。あえり大豆製品にアレルギーでてるんだ…と確信に変わりました。

小児科を受診して血液検査

アレルギーの血液検査は確定検査です。血液検査だけで診断できるわけではなく、アレルギー症状が出たことで検査や診断をするのが重要とのこと。そして、血液検査でアレルギー反応があったものは除去!ということではなく…。実際に食べたり触ったりしてみて、身体に反応があるなら避ければいい。問題なければ食べてもいいし、触っても大丈夫。受診した小児科の先生はそういう指導をしてくださいました。  

次男が血液検査をした小児科では、一度の採血で検査できるのが”36項目”。すべての項目で検査するというのは困難ですが…検査項目には含まれていないけど、アレルギー症状が出た食べ物(この時はスイカ^^;)に関してお話しすると同時に検査してもらうことができました。

またアレルギーを起こす抗体に”IgE”というものがあり、アレルギー体質の強い人はIgEを多く持っているとのことです。次男も数値が大きいと医師に言われました。

血液検査の結果を見てしまうと、実際に家で反応を示さなかった食べ物にもアレルギーがあると知り…知識のないことで漠然と不安になったのを覚えています。特にアレルゲン検査結果で数値が高く表記されていたのは、”大豆・鮭”でした。

大豆はわかっていたけど(半信半疑歴長かったけど)…鮭!?この時初めて魚アレルギーというものを知りました。知らずにいただけで、しらすとかも皮膚症状に影響していたのかもしれない…。

家での観察は続く…

病院での具体的な指導はなかったので、家で気を付けながら食事することを心掛けました。

初めて食べるものや、アレルギー反応がでる可能性のあるものを食べるときは、何かあったら受診できるよう平日の昼間になるべく食べるようにしました。それからカレンダーのアプリを次男専用で入れておいて、食べたものや症状をメモするようにしました。

お店での買い物にも気をつかうようになり、食品の裏側の原材料をしきりに見ていました。大豆に当てはまる成分が含まれている食品って意外に多くて、「あ、これもダメかぁ」「大豆って書いてあるけど、どんな成分なんだろ?」なんてのは当たり前になっていきました。

味噌はきび味噌など大豆が使われていない代替できるもの。油も気を付けたり、なるべくアレルゲンのない食品を選んだり、家で作れるものは作る努力をしたりしました。でも買う方が楽なんで…^^;

次男は4歳頃まで、卵や小麦粉もアレルギー反応が出ていました。ですが加工されているものはアレルギー反応はでない!なのでパンやお菓子類、揚げ物は大丈夫。

小麦粉はパン作りをした際に偶然触ってしまったことがあったのですが、小麦粉に触れた手で顔に触ってしまいアレルギー反応が出ました。なので小麦粉からできている粘土などは避けていました。

卵に関してはマヨネーズは大丈夫、お菓子や揚げ物の衣なども大丈夫。でも卵料理はNG。ただこれも、卵をしっかり加熱したものと、加熱が甘いものでアレルギー反応が出たり出なかったり。実際にスクランブルエッグで試してみたことがあり、5分以上しっかり焼き続けたものと、目視で火が通ったと判断したところで焼くのをやめたもの。別の日で両方の調理法を試してみたところ、しっかり焼き続けたスクランブルエッグは食べられたんです。

大豆製品に関しては特にアレルギーが出やすかったので、食事の中ではかなり気を使っていましたが、卵や小麦粉などに関してはその時々で様子を見ながら食べていました。

そして魚ですが、離乳食でもよく白身魚やツナなど1歳前から与えるように育児本などにも書かれているので、当たり前にそういうものなのかと思っていましたが…魚アレルギーともなればそうもいかない。でも血液検査では”鮭”と。だから他の魚は大丈夫、そう思って油断していた部分もあります。

1歳~1歳半ともなれば離乳完了となり食べられるものも増えますが、ある日ホッケを食べたところ数十分後に突然喉の違和感を訴えたあとに嘔吐しました。思い返してみれば、あぁ魚か…と。吐いてしまえばその後目立った症状もなく元気で。後日病院で尋ねると、魚のタンパク質”オボムコイド”というものに反応しているのではないかということでした。…正直、微生物みたいなカタカナ名でなんのことやら…。

そこからは魚アレルギーに関しても猛勉強です。どんな魚でアレルギーがでるのか、食べられる魚はあるのか、魚の替わりになる栄養源はどんな食物か。魚そのものの料理はダメだけど、ちくわやはんぺんなどは大丈夫。なぜかかまぼこでアレルギー反応が出たこともありますが、これは次第に症状がでなくなりました。アレルギーもこれが正解ってものがないので、本当に果てしなかったです。しかも実際に本人が食べてみないことには分からない。食べさせてみて症状が出たら可哀想だし…。

ですが病院でも言われましたが、それを食べなくても生きていかれる。だから食べられるものを食べていればいいんじゃない、と。本当にその通りです。なので食べられるなら食べてみれば良い。結局それで我が家から魚そのものの料理が食卓に並ぶのは減りましたが、目にいれることで意識はしてもらいたかったので「これは魚だから食べられないかもしれないよ」と伝えるようにしていました。そうすると本人もアレルギーが出るかもしれないという意識をもとに、「これは少し食べてみようかな?」「魚でしょ?やめておく」など選択するようになっていきました。

入園にあたってのアレルギー対応

3歳になり入園が迫る中、問題となったのは給食のアレルギー対応。これは恐らくですが居住する地域や、入園する保育園・幼稚園などで対応は様々なのではないかと思います。

次男が入園した保育園では、入園前に園長先生・担任の先生・給食に携わる先生・市の保育幼稚園科から栄養指導の担当職員の方・保護者での面談がありました。どんな物でアレルギーを起こすのかという話、食べられるものと除去しなくてはいけない食物の話、アレルギーが出た場合の園の対応など。細かく親身に話をしてくださった覚えがあります。

またアレルギー除去するにあたっては、医師からアレルギー疾患用の指導表を書いていただく必要がありました。どんな食べ物でアレルギーが起こるのか、除去するにあたっての理由、アレルギー症状が出た時の管理事項など。次男の場合は主に食物の口腔アレルギー症候群で、明らかに症状があり血液検査でも陽性だったとの記載でした。

医師からの指導表を参考にしながら、家庭での様子を含んで面談。最終的に入園時からの対応では、”卵・大豆・魚”料理を除去ということでまとまりました。

面談があった時、大豆製品は症状が出るものと出ないものがあり、味噌や醤油などの調味料や、もやしは大丈夫。大豆そのものの料理や枝豆はダメ。魚に関しては練り物は大丈夫、魚そのものは除去ということになりました。ただ、食べられるようになれば保護者との相談で解除ができます、とのことでした。

そして献立表が配られる1~2か月前に、市の方から保育園を通して明細献立表が手渡されます。料理名と使われる食材を記載してあり、除去する料理とその替わりに提供される食物が書かれていました。保護者はすべてに目を通して、アレルゲンに関わる食材や代替食材に可か不可かチェックしていきます。再度保育園に提出して、市の方へ提出されます。

ありがたいことに次男が入園した保育園では調理場が設備されており、代替食も給食室で調理し提供してくれるとのこと。給食の時間帯には除去食ということで、必ず隣に先生が座って食事をとってくださいました。

家でアレルギー解除を目指す

毎年、年度末が近くなるとアレルギー懇談をするようになっていて、現在の食物アレルギーの状態はどうかという話し合いを保育園でします。初年度は先生方もいらっしゃいましたが、二回目からは市の担当職員の方と保護者だけでした。面談をして、医師に指導表を書いてもらい、後日提出したら次年度のアレルギー対応も確定です。

これも次男の通う保育園の対応ですが、年度途中で”アレルギー症状は出ない、食べることができます”と家庭で判断できれば、保育園に申し出てから市の方へ話がいき、解除で話がまとまるとすぐに除去はなくなりました。保育園で提供されるおおよその量を家庭で繰り返し食べさせてみて、症状がでないとわかれば解除の方向へ。

次男は年中の時に卵とツナとしらすを解除しました。そして年長になってから大豆製品を解除しました。大豆製品を解除したら、明細献立表のチェックもすごく楽になり!それだけ日々の献立の中に大豆が使われていたんだなぁと実感した瞬間でもありました。

成長していくと共に解除になるものも増え、次男自身も「今日はみんなと給食食べられる日だ!」「今日は除去の日だね」など自分自身のアレルギーについても自覚できるようになったのを感じました。

入学にあたってのアレルギー対応

私たちが住んでいる市では、学校給食における対応は”卵・乳・乳製品の除去食”は提供を行っていました。入学前に市の保険給食課が開催してくださる保護者説明会への参加をして、その後学校側と保護者で面談を行うという流れを説明されました。

次男の場合は除去の必要性のあるものは入学前の地点で”魚”のみ。なので対応食もありませんし、学校との面談のみで大丈夫ですと市からお話があり、説明会には参加しませんでした。

学校との面談ではまず保健教養の先生、給食の栄養士の先生、保護者でお話をしました。市の対応と学校の対応を説明してくださり、次男の場合は、給食メニューに魚料理がある場合はそのおかずだけが除去されます。なので、替わりのおかずを家から持たせてください、というお話でした。

保育園では除去と対応食の提供を行っていただいてたこともあり、代替食を家から持たせるってその時は想像がつきませんでした。でも経験がないから不安になっただけで、実際はただ替わりの食事を登校時に次男に持たせるというだけの話だったんですが…。代替食ってそれ相応の栄養だよね?量的にはどのくらいだろう?頻度はどの程度か?など、色々考えてしまった覚えがあります。

学校でのアレルギー除去も、保育園同様に医師から指導表を書いていただく必要がありました。これを機にアレルギー科に受診してみたらどうですか、と保健教養の先生からお話があり…片道一時間あるし人気の小児科なのでちょっと迷いましたが、受診してみることに。

アレルギーの血液検査を最後に行ったのが次男が年中の初め頃だったので、指導表を書くにあたって再度血液検査をしましょう、と。注射はするかわからないと話していただけに、次男は血液検査とわかった途端、猛抵抗でした^^;

受診した病院は、小児科でありアレルギー科でもあるので先生は詳しく説明してくださり、知らなかったことも知ることができたので結果的に受診してみてよかったなと思いました。

先生は「血液検査の数値と、食べられるかどうかは別。数値に出ていても食べられる人はいる。数値での判断はしない」と話してくださいました。いずれにしても次男の場合は血液検査の数値でも明らか、本人の症状からも明らか、なので家では除去なく食べても大丈夫だけど、学校では魚そのものの料理は除去する、ということになりました。

病院で指導表を書いてもらったら、学校へ提出。後日、学校から入学後の明細献立表が届きました。そして時期的には2月だったと思いますが。学校の入学前説明会の際に、再度学校側と保護者での面談がありました。校長室に通され微妙に委縮した記憶が…^^;

その時は、校長先生、保健教養の先生、給食の栄養士の先生、新入生担当の先生、保護者での面談でした。面談といっても、本当に最終的な確認のみといった感じで…。次男にはどのようなアレルギーがあり、どういう症状がでたことがあって、医師の指導表内容の確認と、学校ではこのような対応と周知をしていきます、といった共有と確認が主でした。また、新年度が始まってからも、先生たちの間で同様に確認をしてくださるということでした。

そうしてやっと、次男も4月から学校生活と改めてアレルギー除去が始まるんだな、と思いました。

入学後の代替食の様子

子供のアレルギーに関わる代替食って、周りにも経験している人がいないし、調べても意外と情報が出てこなくて…全然イメージが沸かないまま次男は入学したわけですが…。

学校から配布される明細献立表を頼りに、魚のメニューがでる時は量はどのくらい出てるのかな?というところから始まり、じゃあその代替食を用意するにあたっての容器はどんなものがいいか?学校へ持参していくのにどうやって持っていくのがベストか?魚料理は1か月に4回ほど提供されるということがわかったけど、一年間通してなので保冷剤が必要になるか?実際始まってみて考えることは多かったです。

一番迷ったのは持参用の袋です。登校時に30分近く徒歩で通学しますが、ランドセルに入れるのは困難。一年生とはいえランドセルの中はパンパンです。だからと言って手提げで行くのは怖い気もするし、雨の日に傘を持ちながらとなると余計に怖い…。初めの頃は上の子が持って行ってくれましたが、上の子も自分の荷物があるので毎回となると申し訳ないし、自分の荷物は自分で持ってほしいところ。

小さな紙袋にアルミシートを入れてみたり、保冷タイプのランチバックにしてみたり…。持ち運びのことを考えても代替食の量を考えても、そこまでの大きさは必要なく、袋も大きすぎると歩いていく最中に容器が動いてしまう。最小で必要な機能のあるものが欲しい…!どうせなら普段使いできるように無駄も省きたいところ。

最終的にランドセルの肩ベルトの部分についているナスカンに、お弁当袋をぶら下げていけるように考えました。お弁当袋はよくある両紐の巾着タイプのもので、中に取り外しできる保冷袋と保冷剤をいれて代替食を入れます。お弁当袋を両紐で閉めた時に、ナスカンにぶら下げられるように紐を後付けしました。歩いたときに過度に揺れないように紐は短め。遠足の時などには保冷袋を取り外せば、お弁当も入れられます。

代替食を入れるのは小さなお弁当箱のような容器で、パチっと両サイドでロックできる形のものにしました。これもお弁当袋の中に収まるちょうどくらいのサイズを100均で購入。

登校時に肩ベルトのところにぶら下がっていても、特別邪魔にならない様子。でもこれは実際に入学して何度か代替食を用意しているうちに考え付いたことなので、入学前のなんの経験もない状態では準備の仕様がなかったように思います。

実際に肩ベルトにぶら下げている部分は、こんな感じです。

初めは巾着に紐を取り付けるのではなく金具のほうが長持ちするかな?取り外しやすいかな?と思ったんですが、次男いわく金具は取り外ししにくいと…。試しに紐で輪を作り、外せるか次男にやらせたところ、大丈夫!と言ったので、じゃあ紐にしようということになりました。他にもいい案があったのか、思いつかなかったですが…ひと先ずはこれで問題なく使っています。

まとめ:食物アレルギーとのお付き合い

子供の頃は特に抵抗力が弱いことや、各器官の発達が十分ではないことから、アレルギーではなくても似たような症状がでることもあります。長女は多分そうだったのかな?と思いますが、離乳期に乳製品を一定量食べると口の周りが真っ赤になっていました。1歳過ぎるとなんの問題もなく食べられるようになったので、血液検査は今もしていないままです。

小児科で食物アレルギーは改善するのか、尋ねたことがありますが…。3歳くらいまでに5割、小学校入学頃までに8~9割、消化器官も丈夫になり症状が出なくなることは多い、と。また、食べたものや量、発症までの時間や症状の持続時間、どのような症状だったのかを記録しておくのが大切ということも聞きました。ただし魚アレルギーはわりと治らずにいくことが多い。

えっ…治らないΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

情報としては知っていましたが、あえて病院で言われると地味にズンと響いた…;’∀’

そして、「卵や乳は半年で再度、血液検査をすることがあるけど、魚アレルギーの数値はそんなに変化しない。血液検査は3年おきくらいが目安」とも言われました。毎年注射をしなくてもよいということは次男も喜ぶでしょう。でも魚アレルギーは大人になってからも変わらずなのかな…と、ちょっと思ったりもします。

これに関しては次男にも繰り返し「自分には食べられないものがあるんだ」という認識をもたせ、慎重になるように心掛けること。食べれたら食べてもいいけど体調が悪かったりしないか様子を見ること。好き嫌いとは違うんだよということを今後も必要な場面で話していけたらと思っています。

子供が小さいうちは親が食事の管理もしていくわけですが、食物アレルギーがあってもなくても初めは戸惑うことも多いです。ですが、次第に慣れていくものです。

私の親はよく「食物アレルギーがあると、親が大変だ」と言いましたが…大変だと思えば大変だし、大したことないと思えば大したことないものです。なにより食べられないものはあっても、基本的には食べられるものを食べればいいだけのことなので、命の危険がなく成長していけばそれが一番安心です。

なので、なんとかなります!

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました